イベントID:2137 SharePoint Health Analyzer により、エラーが検出されました。1 つ以上のサービスが予期せず開始または停止されています。

投稿者: | 2010年11月20日

イベントログに記録される、イベントID:2137に対する対応方法です。

イベント内容

ログの名前 アプリケーション​
ソース SharePoint Foundation
イベントID ​2137
レベル エラー

​メッセージ
※以下のようなメッセージが表示されます。

SharePoint Health Analyzer により、エラーが検出されました。1 つ以上のサービスが予期せず開始または停止されています。
次のサービスは SharePoint によって管理されていますが、その実行状態は SharePoint が予期している状態とは一致しません: SPAdminV4。この状態になるのは、サービスがクラッシュした場合、または管理者が SharePoint 以外のインターフェイスを使用してサービスの開始または停止を行った場合です。SharePoint の管理サービスが予期される実行状態と一致しない場合、SharePoint は作業をサービスに正しく配布できなくなります。
SharePoint は、このエラーを自動的に修復できませんでした。

SharePoint によって管理しているサービスの停止または開始を行うには、SharePoint サーバーの全体管理サイトの SharePoint サービス管理インターフェイスを使用してください。サービスがクラッシュした場合、コマンド プロンプトから「net start [サービス名]」を実行して、影響を受けたサーバーでサービスを手動で再開します。 このルールの詳細については、"http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=142683" を参照してください。


対応方法
このエラーはエラーメッセージに出ているように、SharePointのサービス(ここでいうサービスとは、SharePointのサービスアプリケーションではなく、OSの管理ツールのサービスに出てくる方のサービスを指しています)が、正しい状態になっていない場合に発生します。
少々わかりづらいですが、エラーメッセージを見てみると正しくない状態のサービスの名前が出ています。
上のエラーメッセージの場合は、「SPAdminV4」が正しい状態になっていないサービスの名前です。

サービスの名前がわかったら、OSの管理ツールのサービスから、そのサービスを探して開始または停止をしてください。
ちなみに、エラーメッセージに表示されるサービスの名前は、サービスの「サービス名」になります。表示名ではありません。
サービス名はサービスのプロパティを開かないと確認できないので、プロパティを開いてサービス名を確認してから、開始、停止のボタンを押すようにしてください。